当院は基本を踏まえて、患者さんの健康のためになる医療をご提供しています。

入れ歯は、単に失った歯の代わりに入れるものではなく、残った歯をしっかりと長持ちさせるためのものであると当院では考えています。

入れ歯が合わなかったり、どこかに当たって痛かったりということになると、せっかくつくった入れ歯を外してしまっている時間が多い「ポケットデンチャー」という状態になる患者さんもいらっしゃいます。

丹念に時間と手間をかけてつくることで、患者さんにしっかりとフィットする入れ歯をご提供すること。
当院では、それを実直に貫いています。

患者さんの口の中の一部として、しっかり噛める喜びを感じていただきたい。
小池歯科医院は、みなさまの長い人生を考えたお手伝いをしています。

入れ歯についての考え方

総入れ歯の考え方
○保険の入れ歯で快適な生活を
当院では、保険の入れ歯の範囲で、十分にご満足いただけるものを作製しご提供します。
毎日の手入れと、調整により、長く使うことが可能です。
患者さんのなかには、十年以上も同じ入れ歯を修理しながら使っている方もいらっしゃいます。

また、噛む、食べるということにおいても、少なくとも上の総入れ歯では、それほど違和感なく機能します。
もちろん、ご希望に応じて、自費による金属床入れ歯やシリコンを活用した入れ歯などもご提供しています。
部分入れ歯の考え方
○残った歯を大切にする部分入れ歯を
当院では、部分入れ歯は、残った歯の健康を考えてご提供しています。
入れ歯を入れる状態では、残った歯に負担がかかってしまい、歯周病の進行に影響してしまう傾向があります。

入れ歯を単なる入れ歯と考えずに、口腔内のシステム全体として位置づけ、長く健康な状態を保っていただくことが大切です。
そのために、歯周病のケア、入れ歯のメンテナンスを含んだ長い目で、患者さんと向き合っています。
歯周病予防
○口腔内の健康は、体の健康にもつながります
部分入れ歯治療に関しては、残った歯の健康を維持することを第一に考えて、歯周病ケアに力を入れています。
入れ歯を入れる前の段階で、しっかりと歯周病菌を除菌し、その上で入れ歯を装着しますので、歯周病治療の時間を長くいただく場合があります。

歯が過敏になったり、染みたりということで嫌がる患者さんもいらっしゃいますが、長い目で総合的に口腔内の健康を考えるときには必要な処置です。
歯周病を予防しておくことが、結局は、ご自身の歯科治療にかかる全体的なコストを少なくすることにもつながります。

院長あいさつ

院長 小池満

~患者さんのために、しっかりと真面目な診療をご提供することを第一に考えています。

小池歯科医院 院長の小池満です。
入れ歯が患者さんの口にしっかり納まるかどうか、しっかり噛めるかどうかは、つくる人間がどれだけ手間ひまをかけるかで決まります。

当院の入れ歯は、時間がかかってしまうことが多いので、「まだ、出来てないの?」などとお叱りを受けることもあります。
しかし、実際に出来上がった入れ歯を使っていただければ、ご納得いただけるという自負はあります。
骨の尖った部分に当たらない、外れにくい、食べやすい。
患者さんの生活の質向上を第一に考えて、納得のいくまで取り組ませていただいています。
 
そういう私の考え方に共感いただければ、よい入れ歯をご提供できると思っています。
患者さんの口腔内の健康を長く保つために、いろいろなご提案をしますが、どうぞ、耳を傾けてください。
そして、みなさまの長く健康な暮らしを、口腔内のケアという役割でサポートさせてください。
 
院長紹介はこちら>>

小平市のみなさんの入れ歯の事なら 小池歯科医院 ※土曜の午後の診療は18:00まで ホームページを見たとお伝えください 電話番号 042-349-7211〒187-0025 東京都小平市津田町2-2-3 アークハイツ101 入れ歯にはどんな種類が あるのか知りたい!自分に合った入れ歯を選びたい!入れ歯に関する カウンセリングを随時行っております。 ご予約のうえご来院下さい!
入れ歯コンテンツ
インフォメーション
アクセス


大きな地図で見る

■所在地
東京都 小平市 津田町2-2-3 アークハイツ101

詳しくはこちら